赤みが消えない原因!化粧水でニキビ跡を消す方法

赤みニキビ跡を消す方法
色素沈着とシミのニキビ跡を消す方法
凸凹クレーターニキビ跡を消す方法
ニキビ跡を消す化粧水ランキング
ホームボタン

赤みニキビ跡の原因と消す方法

 

ニキビ跡用化粧水使用前と使用後

ニキビと赤み・色素沈着ニキビ跡に悩まされて早3年以上。30代に入ってしまった私は、自然回復力なんか期待できない状態です(あくまで私は)。

 

ニキビやニキビ跡を消す・治す方法はないものか、と化粧品フリーク並にニキビ・ニキビ跡ケアフリーク化して色んなことを試してきました。某大手エステサロンでニキビ集中体験コースも試したことだってあります(本コースの値段が高くて断念しましたが)。

 

ニキビ跡を消す値段ランキングを見る

 

そんな私が今、腰をすえて取り組んでいる方法は化粧水でニキビ跡を消す方法です。

 

 

 

赤みニキビ跡にはベルブランがオススメ!

ベルブラン

私が使ってみて実感したことは、頬全体の赤みにも、顎周りなど色素沈着並の赤みニキビ跡にもベルブランが効くということ。
7商品使ってみて、私をニキビとニキビ跡の悩みから脱出させてくれたベルブランを一番おすすめしたい!

 

写真の通りベルブランはすごく効果があったわけですが、ベルブランがめちゃ効く理由が気になったので、赤みがずっと消えずに残る原因も一緒に調べてまとめてみました。
ちょっと長くなりますが、お付き合い下さいな!

 

ベルブランのキャンペーン >

 

 

赤みが残る原因

赤みニキビ跡

ニキビの炎症が治ったにも関わらず、ナゼ赤みが残って長期間(ひどい場合だと何年も)消えないか知っていますか?赤みが残る原因。それは、『いまだ炎症状態がくすぶっているから』です。

 

赤みニキビ跡となってしまうことが多いのは『赤ニキビ』と呼ばれる炎症型のニキビ。赤くなるタイプのニキビの中はアクネ菌が増殖して炎症を起こしています。アクネ菌との戦いが終われば、やがて赤いニキビは収束し、鎮静化します。

 

そう、鎮静化するはずなんです。

 

ですが、場合によっては(炎症状態が酷かったり…)炎症が長期にわたって肌の内部でくすぶってしまうこともあるんです。炎症の色素が残ってしまってる、と思ったらわかりやすいかもしれません。
それが赤みニキビ跡の正体です。

 

肌というのはターンオーバーによって日々新しく生まれ変わっていくもの。だから、本来なら、赤みニキビ跡もやがては古い角質として肌から剥がれてサヨウナラ、ということになるのですが……。

 

『赤みニキビ跡がある=炎症がまだ引いていない可能性高し&炎症の色素が残ってる可能性大』なので、正常なターンオーバーが行われているとは断言しにくい状態にあります。

 

ただ、悲観はしないで下さい。赤みニキビ跡はまだニキビ跡でも軽度な方なんですよ。色素沈着ニキビ跡よりまだ早く治る見込みアリ!だからこそ、正しいお手入れをしましょう。

 

色素沈着(シミ)はコチラ >
クレーターはコチラ >

 

 

赤みを治すのに効果的な成分

赤みは、炎症と炎症のなごりの色素がキーポイントということは前項の通り。なんとなく、赤みニキビ跡に効果がある成分が何なのか、わかりますよね?
そう、抗炎症成分美白成分です!

 

それでは、赤みを治すのに効果的だと思われる成分について代表的なものをご紹介していきますね。

 

ビタミンC誘導体もしくはダーマホワイト

どちらも高い濃度を誇る浸透率の良い美白成分です。美白と言えばこれ、というくらい有名な成分です。
ニキビ跡の炎症残りに作用し、肌本来の色を取り戻す効果を期待できます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸には、メラニン色素(赤み)を合成するように指示を送ること自体をストップさせてくれる効果や抗炎症効果、血を止める効果などがあります。
前々から止血剤や抗炎症剤として利用されてきたのですが、『メラニン色素の合成命令を抑制』という美白効果が高いことから一気に化粧品業界に広がりました。

 

メラニンを合成する情報伝達物質の動きを鈍くさせてくれるので、ニキビ跡の赤みに対しても有効です。また、いまだ炎症が収まっていない肌にも◎。
ちなみに、トラネキサム酸は厚生労働省から認可を受けている医薬部外品美白有効成分です。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸ジカリウムとも呼ばれるこの成分は、ニキビ・ニキビ跡を治したいと思っている人達の間ではお約束成分です。
人工的に作られた成分ではなく、甘草(植物)から抜き出して作られた成分なので安全性も高く刺激も少ないのが特徴です。

 

病院で処方されるニキビ治療薬の中にも有効成分として入っていることからも、その安全性の高さがどれほどのものかおわかり頂けると思います。
グリチルリチン酸2Kの効果は消炎効果・抗炎症効果・美白効果の3つが代表的です。

 

赤みニキビ跡だけでなく、ニキビ予防にも有効ですから、ニキビ跡予備軍にも効果大!

アルピニアカツマダイ種子エキス

アルピニアカツマダイの種から取り出した成分で、メラニンの製造にブレーキをかけてくれます。伝統的な生薬です。透き通った美白肌を実現するために◎な成分。
美白効果が期待できるので、赤みニキビ跡の赤い色素にもばっちり作用してれそう!

カモミラエキス

シミやソバカスなどのメラニン色素の集中による色素沈着にも有効だと言われているカモミラエキスは、高級成分として高価化粧品によく含まれている成分です。カミツレの花から抜き出された成分で、保湿力にも優れています。

 

 

だから、ベルブランが効くんです!

ベルブラン

ベルブラン公式ページ
ベルブランは、上述した赤みニキビ跡に効くとされる成分のほとんどを網羅している商品。だから、赤みニキビ跡には非常に有効的なんです。
しかも、効果があるとされている成分が含まれているだけでなく、きちんと肌に吸収されるよう『スーパー浸透油溶性甘草エキス』まで入っています。

 

肌の間には細胞間脂質と呼ばれる肌細胞の隙間を埋めるクッションみたいな部分があるんですが、これは外部から肌の中へ菌などを通さないためにバリア機能を働かせています。

 

「この中にもぐりこんで悪さをしてやる」とばかり細菌が肌の隙間を縫って入り込もうとしても、この細胞間脂質がある限りはね除けられるのです。

 

が、この細胞間脂質には難点があります。それは『悪いものだけでなく、良いものも通さない』ということです。
ですから、赤みニキビ跡に有効な成分が100個入っていようが高濃度でぎゅっと入っていようが、この細胞間脂質に阻まれてしまっては為す術もなく、肌表面で空しく滑っていくだけ……という結果になってしまいます。

 

ベルブランに含まれる『スーパー浸透油溶性甘草エキス』は、油溶性甘草エキスをナノ化(小さく)させたもの。ナノ化してるから、細胞質の間もスルスル滑り込んでいっちゃいます!
この成分、自分が滑り込むだけでなく、他の有効成分と結びついて引っ張り込んでくれるから、結果的に美白効果・消炎効果がある他の有効成分も角層まで届かせることが可能になります。

 

だから、ベルブランを使うと赤みニキビ跡解消が期待できるんですよ!

 

 

ベルブランが向いていない人も中にはいます

 

皮膚科と病院の処方薬

私はベルブランが超おすすめです!でも中には肌質的に合わない人もいらっしゃいます。敏感肌の人でも使えるように、合成香料・着色料・パラペン・アルコール・鉱物油全て使っていない商品なのですが、やっぱり肌によっては赤くなったりすることもあります。

 

そういう場合は、無理に使用を続けず他のニキビ跡ケア化粧水を試してみたり、皮膚科で塗り薬を処方してもらったりしましょう。
皮膚科・病院のニキビ跡塗り薬はコチラ

 

 

ニキビ跡を消すまでの時間

ベルブランを使い始めたからと言って1週間2週間で効果を感じたい、というのはちょっと待った!ビフォーアフターの写真でもわかる通り、ニキビ跡への効果を得るには最低1ヶ月は使ってみて下さい。

 

肌の生まれ変わりは大体1ヶ月〜2ヶ月くらいかかります。なので、少なくともそれくらいの間は使い続けてみてから、効果が出たかどうかを確認して下さいね。
私はベルブラン単品使いでしたが、お財布に余裕がある方は、美容液、保湿クリームなども合わせて使ったり、美容皮膚科でレーザー治療するともっと短時間でニキビ跡への効果もあると思いますよ!
エステ・美容皮膚科のニキビ跡治療7種の値段はコチラ

 

トップページへ