ニキビ跡を薄くさせるにはニキビ跡に効く成分入り塗り薬を選ぶ!

赤みニキビ跡を消す方法
色素沈着とシミのニキビ跡を消す方法
凸凹クレーターニキビ跡を消す方法
ニキビ跡を消す化粧水ランキング
ホームボタン

ニキビ跡を薄くさせる成分・効く成分を配合した塗り薬

 

ニキビに悩む女性

 

ニキビ跡を消すために、ニキビ跡に効くといわれているものなら何でも試したいですよね。
ニキビ跡を治したい、と思ってはいるけれど、薄くさせる成分やニキビ跡への効果が分からない人が殆どだと思います。

 

今回は、ニキビ跡を薄くさせる、ニキビ跡に効く成分について、ご紹介したいと思います。

 

ニキビ跡を薄くさせる成分6種類!

美白効果のトラネキサム酸

トラネキサム酸は、美白のための化粧品などに含まれています。肝斑治療でも使われていますので信用ができる美白成分だと思います。
ニキビ跡の色素沈着はそもそもシミと同じなので、シミの改善に使われているトラネキサム酸を使用するといいでしょう。

トラネキサム酸配合の塗り薬「ベルブラン」

ニキビ跡化粧水ベルブランの写真

色素沈着してしまったニキビ跡に対しての美白効果や、毛穴の開きに効果抜群で絶賛リピート中。
グリチルリチン酸2Kの効果でニキビが悪化しなくなり炎症中のニキビがゼロになりました!経過写真を見る

 

 

炎症にはグリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは、ニキビ跡の前の段階であるニキビの炎症を抑える働きがあり、多くの塗り薬に配合されています。

 

実はニキビ跡が再度ニキビとして復活することはよくあるパターンです。肌の内部でいつまでも炎症したままでは、ニキビ跡も治りません。ニキビそのものをブロックすることで、ニキビ跡の治りも早くなります。

 

 

お肌の漂白剤ハイドロキノン

ハイドロキノンは最強の美白成分なんていわれています。シミや色素沈着などを改善してくれるのです。別名「お肌の漂白剤」。
医療機関でも処方される塗り薬に配合されているので、有効濃度は非常に高いです。大体1か月ぐらいで、効果が出てくるといいます。ニキビ跡に限らず、美白したいという人にはおすすめの成分です。

ハイドロキノンの塗り薬といえばビーグレン

ニキビ跡化粧水ビーグレンの写真

ハイドロキノン配合の2トップ、ビーグレンとアンプルールを比較した結果ビーグレンの圧勝で、美白の手ごたえが全然違いました。経過写真を見る

 

 

定番のビタミンC(誘導体)

ビタミンCは美白の定番ですよね。基本的な栄養成分でもありますので、ほかの成分を使ってニキビ跡の改善を目指していても、ぜひ併用してください。
上で紹介したベルブランとビーグレンはビタミンC誘導体も勿論配合。

 

ビタミンC(誘導体)を使った化粧品には、ニキビの原因となる活性酸素も取り除き、メラニン色素の生成を防いでくれます。ニキビ跡を治したい人はもちろん、いつまでも美白を保ちたいという人にも有効です。

 

 

傷に効く成分「卵殻膜」

卵殻膜には傷を早く修復する効果があります。
ニキビの傷をいつまでも放置しておくと、色素沈着を起こしやすくなります。そうならないために、卵殻膜を含んだ化粧品などで傷の治りを早くしてあげると、ニキビ跡が残りづらくなるのです。凸凹ニキビ跡を薄くするのに効果アリ。

卵殻膜配合の塗り薬「アクレケア」

ニキビ跡化粧水アクレケアの写真

主人が使ったところ、クレーターニキビ跡だけじゃなく、シワ、赤み、ニキビを薄くさせる効果があるように思います。効かなければ返金OKなのでお試ししやすいです。経過写真を見る

 

 

肌の弾力不足にコラーゲン

肌そのものを元気にするのがコラーゲンの力です。いくら頑張って美白をしても肌に元気がないと意味がありませんので、多くのニキビ跡を薄くさせるなら併用すべき成分です。

 

コラーゲンは肌に本来あるべきものですが、年齢とともに失われやすい成分でもあります。できる限りコラーゲンを補給して肌質を整えましょう。

 

 

私のニキビ跡を薄くした塗り薬達

ニキビ跡が消えるまでの期間

 

私は脂多めな肌なので、クリームタイプはニキビが再発するのでダメでした。
ニキビ跡化粧品ランキングで私に効いた塗り薬を紹介してます。

 

あなたも、あなたに効く塗り薬を使うことでニキビ跡を薄くさせることができますよ!
効かなかったら返金OKの塗り薬ばかり試しているので是非試してみて!

 

今すぐ薄くさせたい方は、ニキビ跡を薄くさせるコンシーラーやファンデーションをチェック!